お問い合わせ
TOP

診療案内Clinical activities

診療疾患

広島大学病院血液内科では、主として血液の細胞(白血球、赤血球、血小板)や止血機能に異常をきたす下記のような疾患の診療を行っています。また、中四国地方におけるHIV/エイズ診療拠点病院(ブロック拠点病院)として、HIV診療にも力を入れています。

造血器悪性腫瘍
急性白血病/慢性白血病/骨髄異形成症候群/骨髄増殖性腫瘍/悪性リンパ腫/骨髄腫など
造血不全症
再生不良性貧血/発作性夜間血色尿症/赤芽球癆など
止血凝固異常症
特発性血小板減少性紫斑病/血友病など
HIV感染症
その他の免疫不全症
患者さん・ご家族の皆さんへ

「血液がん」(専門用語では、造血器腫瘍といわれます)を含む血液疾患の治療成績は年々向上しています。私たちは、常にその最新の成果を取り入れた診療を行っていますが、残念ながらご病状次第では「治癒」をもたらすことが難しい場合もあります。しかし、そのようなご病状に対しても、充実した生活を続けていただくための医療技術が数多く存在しています。そのため、診療方針の決定にあたっては、患者さんやそのご家族との「対話」を最も重視しています。「最善の診療」「質の高い診療」という目標を言葉として掲げることは容易ですが、「最善」が医療従事者の独善であったり、杓子定規なエビデンスやガイドラインの適用になったりした場合には、患者さんやご家族が納得のいく医療を受けることはできません。私たちは、客観的なデータに基づいてわかりやすい診療方針の説明を行うとともに、患者さん・ご家族の不安や疑問に時間をかけてお答えしていきたいと考えています。ご病状・診療方針などについてお尋ねになりたいことがありましたら、何でもお気軽にご相談下さい。

3つの大きな安心!

指導医を含む2-3名の医師が1名の入院患者さんを担当
診療チームは全ての患者さんの病状を把握
多職種診療カンファレンスで治療方針や療養支援の綿密な検討

さらにすぐれた治療法の
開発を目指して

広島大学病院総合医療研究推進センターと協力しながら、国際的な新規薬剤の開発研究に積極的に参加しております。現在(2021年1月末日)は、下記の臨床試験にご参加いただくことが可能です。

TKI前治療に抵抗性/耐性を示した慢性期慢性骨髄性白血病におけるボスチニブ漸増の多施設共同第2相試験(BOGI trial)
■臨床研究実施計画番号:
jRCTs071180012
■広島大学病院管理者承認日:
2019年1月16日
■対象疾患:
慢性骨髄性白血病(チロシンキナーゼ抵抗性または不耐容例)
HBV 既往感染歴を有する同種造血細胞移植レシピエントに対する、HB ワクチンによるHBV 再活性化予防法のランダム化検証的試験(PREVENT HBV)
■臨床研究UMIN ID:
UMIN000034113
■広島大学病院管理者承認日:
2019年1月28日
■対象疾患:
HBウイルス感染歴を有する同種造血細胞移植例
移植非適応初発多発性骨髄腫患者に対するレナリドミド-デキサメサゾン(Rd)療法に効果不十分な症例に対し、ボルテゾミブを追加するレスポンスガイドセラピーの有用性と安全性(W-JHS MM01)
■臨床研究実施計画番号:
jRCTs071180011
■広島大学病院管理者承認日:
2019年2月26日
■対象疾患:
多発性骨髄腫(初発例)
同種造血幹細胞移植後のフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病に対するダサチニブを用いた維持療法の有効性の検討(DASALL II)
■臨床研究実施計画番号:
jRCTs031180213
■広島大学病院管理者承認日:
2019年3月5日
■対象疾患:
フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病
JCOG0907: 成人T細胞白血病・リンパ腫に対する同種造血幹細胞移植療法を組み込んだ治療法に関する非ランダム化検証試験
■臨床研究実施計画番号:
jRCTs31180243
■広島大学病院管理者承認日:
2019年9月6日
■対象疾患:
成人T細胞白血病・リンパ腫
再生不良性貧血におけるウサギATG+シクロスポリン+エルトロンボパグ療法の有用性に関する検討 (W-JHS AA02)
■臨床研究実施計画番号:
jRCTs071190032
■広島大学病院管理者承認日:
2020年2月27日
■対象疾患:
再生不良性貧血(ステージ2b以上)
再発または難治性のFLT3遺伝子変異陽性急性骨髄性白血病患者を対象とするMECとギルテルニブの逐次療法の非盲検・多施設共同・前向き介入試験 (JALSG-RR-FLT3-AML220)
■臨床研究実施計画番号:
jRCTs041200067
■広島大学病院管理者承認日:
2020年10月29日
■対象疾患:
FLT3遺伝子変異陽性の再発・難治性急性骨髄性白血病
HLA適合又は1-2 allele不適合ドナーからの同種末梢血幹細胞移植における移植後シクロホスファミドを用いたGVHD予防法の有効性と安全性を確認する第II相試験-JSCT PTCY19
■臨床研究実施計画番号:
jRCTs011190009
■広島大学病院管理者承認日:
2020年11月30日
■対象疾患:
Stage 1あるいはStage 2の軽症〜中等症再生不良性貧血

外来診療

月曜日から金曜日まで毎日5-6名の医師が初診・再診の外来を担当しています。初めての受診をご希望の場合、原則として他の医療機関からの「紹介状」をお持ちいただくようにお願い致します。
外来担当表はこちらをご覧ください。

  • 造血幹細胞移植の相談やセカンドオピニオンをご希望の方は、広島大学病院地域連携室(TEL: 082-257-5079)までお問い合わせ下さい。
  • 火曜日と木曜日の初診は止血凝固異常症とHIV感染症が中心となっておりますので、ご了承ください。
  • 造血細胞移植コーディネーター(HCTC)による造血幹細胞移植の血縁ドナー候補者のための専門外来や移植後の長期フォローアップ(LTFU)外来も開設しております。

入院診療

広島大学病院の一般病棟(9階西病棟)と先進治療病棟において、血液疾患全般の治療を行っています。先進治療病棟には無菌管理加算の基準に適合した個室病床が16室設置されています。入院患者さんの診断と治療方針は、医師・看護師・検査技師・ICT等が参加する全体カンファレンスによって検討しております。また、診療科長・病棟医長・看護師長が毎週回診を行い、常に全患者さんの状態の把握に務めています。

同種造血細胞移植実施件数

実施年 血縁者間移植 非血縁者間移植 合計
末梢血 骨髄 末梢血 骨髄 さい帯血
2013 0 1 0 6 5 12
2014 2 2 0 8 6 18
2015 4 0 0 5 9 18
2016 3 1 0 8 5 17
2017 4 2 0 5 11 22
2018 3 1 0 3 11 18

診療実績平成30年(2018年)1月~12月の診療統計

1.一般診療患者性別分類

1110
849
1959

2.一般診療患者年齢・性別患者数(実数)

性別
年齢
0~09歳 0 0 0
10~19歳 6 9 15
20~29歳 54 41 95
30~39歳 107 54 161
40~49歳 180 89 269
50~59歳 168 120 288
60~69歳 219 201 420
70~79歳 256 219 475
80歳以上 120 116 236
不明 0 0 0
1110 849 1959

3.一般診療患者分類別患者数(実数)

被爆者 67 45 112
非被爆者 1043 804 1847
1110 849 1959

4.外来および入院患者疾病別系統分類

疾患名 外来患者数 本年度 新患者数 入院患者数
血液疾患 白血病 179 26 123
骨髄増殖性腫瘍 83 22 6
骨髄異形成症候群 79 29 34
悪性リンパ腫 540 115 270
骨髄腫 138 36 98
再生不良性貧血 13 2 0
その他の貧血 85 40 7
顆粒球減少症 20 7 2
血小板減少症 154 39 12
出血傾向 130 12 8
その他の血液疾患 218 101 35
小計 1639 429 595
血液疾患以外のがん 39 39 3
消化器系疾患 16 12 0
循環器系疾患 3 2 0
ドナー 25 21 12
その他の疾患 237 59 17
小計 320 133 32
1959 562 627